おすすめ

「香害」アトピー アレルギー

ito-pro伊藤でございます。

今「香害」(こうがい)で悩まされている方々が増えています。

近年、柔軟剤の香り合戦が激化しています。比例して病気にかかってしまう人も増えています。目立ってきたのはアトピー皮膚炎の患者数が過剰に増えています。

何年も前に香りの強いアメリカの柔軟剤が日本でも芸能人が使い、一般人まで真似をして使う時代になってしまい、気が付くと疾患患者の増加です。

今では「香害」こうがいと呼ばれる病気になりました。

香害は柔軟剤の匂いで吐き気を催したり、頭痛、嘔吐で満員電車等の人ごみに入れなくなってしまう病気です。

今では日本の各メーカーが香りの強い柔軟剤での争いが激しくなっています。一見はいい匂いと思って使っている様ですが、実際はアトピー患者の増加です。肌に衣類が触れる部分が赤く腫れて、ボリボリかいてしまっています。

アトピー患者の殆どが柔軟剤が原因の様ですね。実際に各地で医者が発表しています。

化学薬品の柔軟剤を使い、赤く腫れあがり、化学薬品の治療薬を塗って緩和させる。非常に経済的にも打撃があります。薬代も安くはありません。なのに化学薬品の柔軟剤を無理して使い続ける。

昨年、日本の石鹸メーカーの「シャボン玉せっけん」の社長様のお話を聞きました。創業者がアレルギー性皮膚炎でしたが、国の命令で日本軍隊の服を洗う為に洗剤の開発をし洗剤を販売し大きな会社へと成長していた中、創業者の肌は赤く腫れあがれ、ボリボリとかくようになっていたとの事です。

創業者の方は洗剤によって自分の肌はボロボロだし、海も川も汚れていく事に気が付いたとの事です。自社の洗剤が地球を汚し、人を苦しめていると・・・

それ以来洗剤の製造は一切やめて完全の無添加の石鹸のみの製造に切り替えたとの事です。

無添加の石鹸は売れず、、経営難でも無添加にこだわり、その後も人と地球に害のない石鹸を追求しつづけたとの事です。今となってはアレルギーに悩んだ方々が広く愛用する石鹸なっています。

でも、本当はこの様な無添加しか日本は売れなくなる様になって欲しいですね。

日本の基準は非常に甘く、少しの添加物が入っていても無添加を表示できるらしく、無添加を表示した洗剤のほとんどに添加物が入っているそうです。可笑しな無添加です。

本当の無添加、シャボン玉石鹸を私は愛用したいと思います。

もう一つ紹介です。

マグネシウムで洗う、洗濯マグちゃん

マグちゃんは汚れた水迄綺麗にしてくれます。洗濯槽の清掃もマグちゃんが綺麗にしてくれます。3万回程使う事が出来て非常に経済的です。

洗剤、柔軟剤を入れる方もマグちゃんも一緒に入れてあげて下さい。

洗剤等の水汚れもマグちゃんが綺麗にしてくれます。

洗剤を捨てて、石鹸に変えたいこの時代

洗濯マグちゃん、シャボン玉石鹸をito-pro伊藤はお勧めいたします!

おすすめ

家作り 何が正しいの?

ito-pro代表の伊藤です。

今の主流の家作り、間違ってはいませんか?

今どきの住宅 正しいの?
カビ問題の家

写真は雨漏りでもありません。今の家作りが起こしている問題です。

日本の多くの建築会社が政府の推進で高気密住宅が主流で、今や断熱材を入れた後にビニールを貼り込み、隙間を無い状態にしている建築会社が殆どです。大手住宅メーカーのUa値争いで、気密する為にビニールを貼りまくる争いが始まっています。

起こりだした問題がカビです。

壁内にカビです。

木も腐りかかり、断熱材は真っ黒、本当に家作りは正しいのか?

写真の家は築年数は数年です。カビアレルギーを発症した住民が原因を探る為に壁を捲ってみたらこの有様です。

材木は乾燥材を使っていますがこの有様です。

材木には乾燥材を使用しても、含水率が下がっただけで水分は含んでいます。工事中に雨も降り、湿気を材木は吸います。

吸った水分、元々もっている水分を木は吐き出します。

ビニールを家の壁中に貼り込んだ結果が写真の様になるのは、子供でも解りそうな話しです。

でも今の建築業界は推進しています。こんな家の作りを・・・

エネルギー削減の為に?

エネルギー削減の為に家の作り方を早まって間違えている今の時代です。

もっと沢山の方法があるのに、間違った方法を採用し、推進し、10年後、20年後に気が付く様ですが、、

古くから木を触っていた大工さんだったら、今の家作りに疑問を感じる事と思います。湿気のもった材木にビニール貼るなんて・・・

夏に雨の日に、合羽を着たまま、暑い暑いって言っている様です。合羽を着て、汗が止まらんっていっている様です。

そりゃ、そこに住めば病気になるでしょ?

今後も馬鹿げた家作りが、突っ走るのを横で目にしていくのかと思うと情けないです。

私達、全国の工務店が800社で団体になり日本政府に根拠や数値等を持って問いかけても大手住宅メーカーの政治力の方が上の様です。

今後、家作りを変えていくのは私達、工務店だと考えています。

伊藤はWBHOUSEを応援しています。

安城市 刈谷市 注文住宅の価格

ito-pro代表の伊藤でございます。

注文住宅の価格の相場?

年々上がっています。物価上昇率より、注文住宅建築物の価格上昇率の方がはるかに上がっています。

理由は資材の高騰もありますが、法改正や追加義務の問題です。

明らかに、大手住宅メーカーと国が基準を操作しています。

全国の住宅新築着工戸数が年々下がっている中、未だに地元の中小工務店が3割を占めている状況の中、その3割も住宅メーカーは崩したい様です。

中小工務店が現代の法についてこれなく脱落させるために、色々な事が義務として増えてきています。これにより、地元の昔からの建築会社が廃業になってきているのは事実です。

私たちの様な少し若い世代の建築会社は住宅メーカーと張り合う事が出来ている様ですが古くからの工務店で代替わりが上手く出来ていない工務店は年々と追い詰められている工務店が多くあります。

注文住宅の価格の相場は住宅メーカーが法の改正を提案している事により上がっています。

確かに必要な法かもしれません。

私も家を提案する時は光熱費削減の為の提案、未来の子供たちに対して自然燃料を残す提案をしていますが実際に低所得者が年々と夢のマイホームが手に届きにくくなってきています。

ito-proも10年前には家に住むまでにかかるお金として、坪50万~としておりました。今では住宅の価格の最低相場が坪50万が不可能に近いです。法に従い、引っ越し迄にかかるお金として見積もりを作ると最低55万~になってしまいます。何ら贅沢いらないしってお客様からの訪問もありますが、やはり現実は値上がりです。

ローコスト住宅ですら建物以外にかかるお金を入れていくと同様の金額になっている状況です。

客引きで980万円ぽっきり住宅って書いて、建物別の工事でド~ンと・・・最近よく見る手法です。

坪単価の相場??各建築会社様で違いはありますが、全体でみるとやはり坪70万くらいが相場かなと思います。

ito-proの指針

ito-pro代表伊藤でございます。

ito-proでは6月26日に社内的に12期目の指針発表、目標等をスタッフ一同で掲げました。

明確な数字、社員の行く先の目標、様々な事を話し合い更に前進する事を社員一同で話し合った良い時間となりました。

理念:地域、人に喜ばれる人材を育成し地域社会の発展に貢献する。

上記の理念があって私たちの行動が決まります。

地域社会の発展に貢献を意識出来る社員を育成する事がito-proの目的であります。2019年11月、2020年3月と社員が入社しています。

25歳で初めての就職の人材と20歳で2つ目の会社の男性2名

まだ地域社会の発展に貢献と聞いてもピンとこないかもしれません。

が、それを育てる事がito-proという会社の目的だと思っております。

地域で大きな災害、震災等で地域の方々が困っている際は必ずito-proは活躍する会社、活躍出来るスタッフになっている事でしょう。

ito-proスタッフ8名の写真です。

3年後、10年後と社員皆目標を持っています。

夢、小さくても誰もが持っていなければと私は思っていますが20代の若者には、なかなか夢が語れません。新入社員2人も最初は夢がありませんと答えておりました。が今では、しっかりと目標として3年後、10年後が書けました。小さくても目標⇒夢だと感じています。

いつかスタッフ一人一人が将来の夢に世界平和に協力したいと書ける事を期待しています。

株式会社ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

注文住宅 隠れてしまう基礎背筋

注文住宅を建てる事で一番大切なのは基礎工事、地盤改良工事です。

地盤は調査後の結果に従わなければいけない義務が出来てからケチる建築会社も減ってきています。まだ基礎工事にお金をケチってしまう建築会社もどうかなと疑問に感じてしまいます。

建物本体を安く見せる為に隠れてしまう基礎配筋をケチったり未だに多くの建築会社に見られる傾向です。

注文住宅 基礎背筋工事
基礎背筋

ito-proでは基礎配筋を最低限なんてケチな仕事でのご提案は一切しません。そこを削って、安く見せたりして契約にこぎつける建築会社ではありません。

柱の太さがどうのこうのより、先ずは基礎、地盤改良です。

家は足元が大切です。筋トレと一緒です。腹筋、背筋ばかり鍛えてもダメ、必ず足を鍛えないと足の細い頼りない体になりますね。

物事は必ず足元から鍛えましょう!家作りも同じです。

注文住宅を安く見せる為に基礎配筋を法定ギリギリが標準の建築会社は沢山あります。ローコスト住宅の会社にありがちな作戦です。

決してローコストだからを理由で家を決めないで欲しい。

安い仕上げ材でも見せ方次第、施工次第

リフォームの提案の際に、やはりお客様の気に入るデザインで、より価格を下げる方法を探すの事は私達ito-proスタッフの仕事かな

単に見た目の良いものの価格を見積もるだけでなく、お客様のご予算でいかに気に入ってくれるものを出せるかが私たちの経験に差が出ます。

過去のリフォーム、リノベーションの写真ですが、ただのベニヤを床材に使った現場です。リフォームの資金を合わせるのに色々な提案をさせて頂いた上、最後の手法がこの仕上げになってしまいましたが、大好評でした。ベニヤを一枚一枚向きを変え、市松柄に仕上げましたが、正直大工さんの手間はかかります。ただ、滅多に見ない仕上です。

斬新な手法でコストを削減し、お客様もですが、携わった職人さん達も仕上を見てから驚いておりました。

リフォーム、リノベーション、注文住宅は単に既製品を決められた様につかうのではなく、メリットデメリットを知った上に使えるかの判断も必要になりますが全ては経験から提案に繋がります。

安い仕上げ材でも見せ方次第、施工次第では斬新なデザインに変わり、十分な仕上げに変わる事もあるでしょう!